圧着機サービス 株式会社

Crimping Machine Service CO.,LTD
圧着機サービス 株式会社
〒572-0039
大阪府寝屋川市池田1丁目15番8号
TEL:072-826-6022
FAX:072-826-6023
TOPイメージ
  1. HOME>
  2. 取扱商品一覧>
  3. ハーネスチェッカー

ハーネスチェッカー

■カラーハーネスチェッカー T-CAM1N

詳しくはこちら
  • コネクター電線配色検査
    2列(ダブル)の配色検査が可能。あらかじめ登録した電線色の配列と瞬時に比較し、線色の誤配線をチェックします。(検査時間:1sec以内)
    ?配色の自動登録、検査中の自動ティーチング可能
    ?従来検査機では識別の難しい白・黒・灰の検査が可能
    ?ストライプ・マーキング線の判別可能
    ?電線間ピッチ無しで検査可能
    ?登録枠内での配色の自動追尾機能
    ?登録可能品種は 9999番まで
  • 部品の色検査
    コネクター・チューブ・結束バンド等の色間違いをチェックします。
  • 部品の有無検査
    ワイヤーハーネス等の付加部品の有無や部品違いを部品の形からチェックします。
  • 長さ・距離の検査
    チューブ等の長さ、部品間の距離を寸法測定します。
  • 部品の位置ズレ検査
    ティーチング時に登録した位置に対してのズレを長さで検査します。
様々な検査に対応
配線色検査 部品の色検査 部品の位置ずれ検査


■ケーブルマルチテスター MTP-1000W

対応可能な検査
  • 導通検査(断線、短絡、誤配線)
  • 瞬貫断線検査(ルーズコンタクト)
  • 耐電圧検査
  • 絶縁抵抗検査
  • 低抵抗検査
  • 片端検査
PCで制御とデータ管理ができる
AC 90 ~ 250V電源で世界中どこでも使える
詳しくはこちら
主な特徴  
  1. 印加電圧、遮断電流、絶縁抵抗値などの検査条件は、品名の呼び出し時に自動設定されます。
  2. DC-ACインバータによる高電圧発生のため、商用電源の変動に左右されず安定した出力で検査できます。
  3. 記憶した回路データに基づいてグループごとに高電圧を印加するため、検査時間が短く済みます。
  4. 導通・瞬断・低抵抗・耐電圧・絶縁抵抗検査機能が一体となったオールインワンでありながら省スペースタイプです。
  5. 片側コネクタ、相手側オープンのリード端子をサーチプローブで接触をとる、誤配線チェック(片端検査)機能があります。
  6. 機種のポイント数は 4タイプ。さらに 64pから 128pへ、192pへ、256pへと基盤増設で拡張が可能です。
<導通検査について>
 
 導通検査には二つの目的があります。一つは回路配線の基本である断線・誤配線不良を検査することです。二つめには、検査品が治具アダプタに確実に装着されていることの確認です。これは耐電圧・絶縁抵抗検査では検査品が装着されていない場合でも検査判定が合格となり検査の意味をもたないからです。そのため導通検査は耐電圧・絶縁抵抗検査の前後に必要です。
<瞬間断線検査について>
 
通常の導線検査では一見正常なケーブルでも、振動や衝撃を与えたり、屈折や引張などで断線が発生する場合があります。このような一瞬の断線を検出するための検査が必要です。
<耐電圧検査について>
 
多芯ケーブルなどの異極線間に高電圧を印加して、放電が発生しないかを検査します。耐電圧不良は圧接加工部の線間、コンタクトピン間、半田加工部のピン間、シールド加工部のシールド線間とコア線間で特に発生します。
<絶縁抵抗検査について>
 
線間の抵抗が、品質保証条件の設定値以上であるかを検査します。絶縁抵抗は、半田フラックスなどの不純物、絶縁体の材質、湿度などで大きく左右されます。絶縁不良は、耐圧不良箇所以外にモールド加工の材質、コンタクト部の汚れなどでも発生します。
【仕様】
ポイント容量 64p 128p 192p 256p
全ポイント入出力対応
導通検査 判定 導通:1KΩ以下 断線:3KΩ以上
電圧/電流 DC 5V / 1.5mA
ネット 最大 100ポイント
検査方式 双方向チェック(ダイオード可)
瞬間断線検査 検出パルス 200n / 400n / 800n / 1μ / 2μ / 3μ 秒
低抵抗検査 開放電圧 DC 5V
抵抗値 1 ~ 50Ω(1Ω単位) 50 ~ 100Ω(2Ω単位)
検査時間 125mSec(ミリ秒)/ 1ポイント
内部抵抗 2Ω以下
耐電圧検査 検査電圧 AC 50 ~ 1000V
50 ~ 400V(10V単位)
400 ~ 1000(20V単位)
遮断電流 0.5 ~ 20mA
0.5 ~ 3mA(0.5mA単位)
4 ~ 20mA(1mA単位)
検査時間 0.1 ~ 99秒(0.1秒単位)/ 1ステップ
印加方式 自動印加
フラットケーブル用(線間 + ピン間)
(何れも不良発生時にはスキャニング検索)
ユーザーパターン(要PCマネージソフト)
耐電圧計確度 印加電圧 設定値の ±5%(無不可時)
遮断電流 設定値の ±5%
出力波形 正弦波 50Hz ±5%
絶縁抵抗検査 検査電圧 DC 50 ~ 300V(50V単位)
DC 400 ~ 1000V(100V単位)
絶縁抵抗 50V時
100 ~150V時
200 ~1000V時
2M ~ 100MΩ
5M ~ 500MΩ
20M ~ 1000MΩ
検査時間 0.3 ~ 10秒(0.1秒単位)/ 1ステップ
印加方式 自動印加
フラットケーブル用(線間 + ピン間)
(何れも不良発生時にはスキャニング検索)
ユーザーパターン
絶縁計確度 印加電圧 設定値の ±5%(無不可時)
遮断抵抗 設定値の ±5%
その他の機能 ポイントサーチ、片端検査、日常点検、自己診断
外部 I / O 入力 スタート、リセット、緊急停止、オプション 3点
出力 検査合格、検査不合格、オプション 2点
プリンター印字 日付、時刻、検査結果、検査数、良品数、不良品数、検査用データ登録内容、データ一覧、検査員一覧
シリアルポート RS-232C準拠(57600bps)
消費電力 最大 300W
使用環境 温度 10 ~ 40℃ 湿度 70%以下
電源 AC 90 ~ 250V 50/60Hz
外形寸法 430mm(W) × 330mm(D) × 165mm(H)
重量 10.0kg(64p) 10.6kg(128p) 11.1kg(192p) 11.7kg(256p)
付属品 検査用接続ケーブル、サーチグローブ、フットスイッチ、日常点検用コネクタ、アース線、電源ケーブル
対応パソコン シリアルポート × 1(USBシリアルポート変換器でも可)、OS Windows 2000 SP4、Windows XP、Windows 7


■導通チェッカー NHC-6450W

対応可能な検査
  • 導通検査(断線、短絡、誤配線)
  • 瞬間断線検査(ルーズコンタクト)
  • 低抵抗検査
  • 耐電圧検査
  • 絶縁抵抗検査
AC 90 ~ 250V電源で世界中どこでも使える
詳しくはこちら
主な特徴  
  1. 印加電圧、遮断電流、絶縁抵抗値などの検査条件は、品名の呼び出し時に自動設定されます。
  2. DC-ACインバータによる高電圧発生のため、商用電源の変動に左右されず安定した出力で検査出来ます。
  3. 記憶した回路データにもとづいてグループごとに高電圧を印加するため、検査時間が短く済みます。
  4. 導通・瞬断・低抵抗・耐電圧・絶縁抵抗検査機能が一体となったオールインワンでありながら省スペースタイプです。
  5. 片側コネクタ、相手側オープンのリード端子をサーチプローブで接触をとる、誤配線チェック(片端検査)機能があります。
  6. 機種のポイント数は 4タイプ。さらに 64pから 128pへ、192pへ、256pへと基盤増設で拡張が可能です。
<導通検査について>
 
 導通検査には二つの目的があります。一つは回路配線の基本である断線・誤配線不良を検査することです。二つめには、検査品が治具アダプタに確実に装着されていることの確認です。これは耐電圧・絶縁抵抗検査では検査品が装着されていない場合でも検査判定が合格となり検査の意味をもたないからです。そのため導通検査は耐電圧・絶縁抵抗検査の前後に必要です。
<瞬間断線検査について>
 
通常の導通検査では一見正常なケーブルでも、振動や衝撃を与えたり、屈折や引張などで断線が発生する場合があります。このような一瞬の断線を検出するための検査が必要です。
<耐電圧検査について>
 
多芯ケーブルなどの異極線間に高電圧を印加して、放電が発生しないかを検査します。耐電圧不良は圧接加工部の線間、コンタクトピン間、半田加工部のピン間、シールド加工部のシールド線間とコア線間で特に発生します。
<絶縁抵抗検査について>
 
線間の抵抗が、品質保証条件の設定値以上であるかを検査します。絶縁抵抗は、半田フラックスなどの不純物、絶縁体の材質、湿度などで大きく左右されます。絶縁不良は、耐電圧不良箇所以外にモールド加工の材質、コンタクト部の汚れなどでも発生します。
【仕様】
ポイント容量 64p 128p 192p 256p
全ポイント入出力対応(ポイント増設は 64pボードで対応)
導通検査 判定
導通:1KΩ以下 断線:3KΩ以上
電圧/電流 DC 5V / 1.5mA
ネット 最大 100ポイント
検査方式 双方向チェック(ダイオード可)
瞬間断線検査 検出パルス 200nSec(ナノ秒)
低抵抗検査 開放電圧 DC 5V
抵抗値 1 ~ 25Ω(1Ω単位)
検査時間 50mSec(ミリ秒)/ 1ポイント
内部抵抗 2Ω以下
耐電圧検査 検査電圧 AC50 ~ 800V
50 ~ 400V
400 ~ 800V

(10V単位)
(20V単位)
遮断電流 0.5 ~ 10mA
0.5 ~ 3mA
4 ~ 10mA

(0.5mA単位)
(1mA単位)
検査時間 0.1 ~ 99秒(0.1秒単位)/ 1ステップ
印加方式 自動印加
フラットケーブル用(線間+ピン間)
(何れも不良発生時にはスキャニング検索)
ユーザーパターン(要PCマネージソフト)
耐電圧計確度 印加電圧 設定値の ±5%(無負荷時)
遮断電流 設定値の ±5%
出力波形 正弦波 50Hz ±5%
絶縁抵抗検査 検査電圧
DC50 ~ 250V (50V単位)
DC300 ~ 500V (100V単位)
絶縁抵抗 50V時 2M ~ 100MΩ
100 ~ 150V時 5M ~ 500MΩ
200 ~ 500V時 20M ~ 1000MΩ
検査時間 0.3 ~ 10秒(0.1秒単位)/ 1ステップ
印加方式 自動印加
フラットケーブル用(線間+ピン間)
(何れも不良発生時にはスキャニング検索)
ユーザーパターン(要PCマネージソフト)
絶縁計確度 印加電圧
設定値の ±5%(無負荷時)
絶縁抵抗 設定値の ±5%
その他の機能 ポイントサーチ、片端検査、日常点検、自己診断
外部 I/O 入力 スタート、リセット(緊急停止)
出力 検査合格、検査不合格、高圧検査中、瞬断検査中
シリアルポート RS-232C準拠(57600bps)
データ登録数 100品種(本体メモリ)
消費電力 最大 150W
使用環境 温度 10 ~ 40℃  湿度 70%以下
電源 AC90 ~ 250V 50/60Hz
外形寸法 430(W) × 330(D) × 165(H)
重量 9.5kg(64p) 10.1(128p) 10.6kg(192p) 11.2kg(256p)
付属品 検査用接続ケーブル、サーチプローブ、フットスイッチ、日常点検用コネクタ、アース線、電源ケーブル
オプション PCマネージソフト、検査アダプタ、プリンター印字機能、その他特殊仕様(ハード、ソフト)


■ワイヤーハーネスチェッカー WPシリーズ

主な特徴  
  1. 確実な検査ができます
    ●電源ON時、エラー表示ランプが全点灯(約5秒間、終了設定回路まで)しますので、検査機の自己診断が出来ます。(不灯回路は検査回路が接続されているか、故障です)
    ●高速(50回路を 1/50秒)で繰り返し検査しますので、1秒間合格表示状態にしておくとすれば、50回路のものを50回繰り返し検査したことになります。
    ●静電気・ノイズに対して、十分な保護対策をしてありますので使用条件の厳しい環境下でも安心して使用できます。
  2. 取扱いが簡単です
    ●電源スイッチのON-OFF以外の操作不要、操作ミスの恐れがありません
    ●各回路毎に入・出力の固定した端子があり、対の入・出力端子に各回路を接続します。検査をするときは、ただ接続するだけで良・不良が、表示と音で瞬時に判ります。
  3. 不良回路が見つけやすい表示をします。良品の確認が明確です。
    ●回路毎にエラー表示ランプがあり、不良回路(断線・誤配線・短絡)を表示します。又、エラー表示ランプ下の枠内に線色・回路番号等が記入できますので、不良回路がすぐに判ります。
    ●良品の時は、CORRECTランプ(大型緑色LED)が点灯し、トレモロ音が鳴ります。又、外部にOK信号を出力します。
  4. 分岐回路も検査できます。検査回路数を任意に設定出来ます。
    ●検査回路に複雑な分岐(枝線)があっても検査出来ます。
    ●検査回路数を任意に設定出来ます。(例えばWP-30Bを使用にて15回路の検査をする等)
  5. 連結使用すれば100回路まで検査出来ます。
    ●2台を連結使用して100回路までの検査が出来ます。
    (例 WP-50B + WP-50B = 100回路、WP-50B + WP-30B = 80回路)
【仕様】
機種名 WP-10A WP-20B WP-30B WP-40B WP-50B
最大検査回路数 10回路 20回路 30回路 40回路 50回路
検査時間 約 400μscc / 回路(50回路で約 0.02秒)
感度 断線 > 2kΩ 短絡 < 1.5kΩ
線間静電容量※ 0.03μF以下
検査電圧 DC 5V
消費電力 6VA 7VA 8VA 9VA 10VA
寸法(W×H×D) 220×110×135mm 220×174×210mm
重量(NET) 3kg 3.2kg 3.4kg 3.6kg
AC入力電圧 AC 85V ~ 132V 又は AC 170V ~ 264V  50/60Hz


■ワイヤーハーネスチェッカー WFA-500シリーズ

使いやすさと優れたコストパフォーマンスを実現
  • 設置に便利な、本体・スキャナ(WFS-500)別置き型
  • 大検査容量、高速検査
    ー3584ポイント(スキャナ7台接続)を約1秒で検査ー
  • 150種類の接続データから、番号を入力して瞬時にデータ選択
  • 検査の結果を、半年間記憶
主な特徴
 
  1. 豊富な検査機能
    ●マルチ ステップ検査
    合格時のみ接続データを自動的に切りかえて、順次検査をします(最高10ステップまで)。
    ●瞬間エラー検査
    振動などを加えて、不確実な接続を検査する場合に使用します。
    ●モニター検査
    検査物の接続途中に誤配線/短絡を検出したとき、アラーム音を鳴らします。
    ●双方向検査
    検査回路にダイオードが含まれるときは、電圧の極性をきりかえて検査します。
  2. 判りやすい表示
    2行20桁の蛍光表示器で、操作や検査結果を英数字・カタカナでわかりやすく表示します。
    エラーがあるときは、エラーの種類(断線[O]/短絡[S]/誤配線[M])と、その箇所を表示します(あらかじめ入力した8桁の端子名での表示もできます)。
  3. 検査の効率化と通信システムの構築
    バーコードリーダやパーソナルコンピュータとデータのやりとりができます。LANによる複数チェッカーの集中管理や電話回線を利用したデータ通信システム*の構築に対応できる、十分な機能を備えています。
    *モデムと専用の通信ソフト(別売り)が必要です。使用環境に適したシステムづくりをサポートします。
  4. 検査結果の記録
    検査ごとに日時と検査結果を記録し、半年間保存します。記録した内容は、いつからいつ(1日単位)までと範囲を指定して読みだせます。
    印刷をする・フロッピディスクに書きこみパーソナルコンピュータで管理するなどの利用ができます。
  5. 操作がかんたん
    検査をするときに必要な操作(接続データの選択など)が、リモートボックスで手早くかんたんにできます。
  6. 検査用治具版の配線が容易
    いろいろな回路の検査物を、配線内容を考えずに治具板をとおして、チェッカーの任意の端子に接続できます。
    治具板の配線状態は、サーチモードでかんたんに確認できます。
【仕様】
検査ポイント容量 3584ポイント(WFS-500を7台接続)
検査時間 約 1秒(3584ポイント)
感度(オープン/ショート判定) 100 / 300 / 1K / 3K / 10K / 30K / 100KΩ ±10%(設定よる)
線間容量 0.1μF以下
自己診断 電源投入時自動実行
検査用接続データ 保存数
ファイル名
端子名
150データ
10桁以内
8桁以内
検査開始モード 自動/手動(切り替え)
フロッピディスク 3.5インチ 2HDフロッピディスク
読み込み時間 約13秒(15データ一括)
ハードディスク 540MBハードディスク内蔵
インタフェース セントロニクスインタフェース
キーボードインタフェース
RS-232C
合格出力(OFF ~ 10秒、0.1秒単位で可変)
表示器 字高 11.2mm 2行20桁蛍光表示器
時計 カレンダー付き水晶時計内臓
良品数カウント 1 ~ 9999
検査電圧 DC 15V
入力電圧/消費電力 AC 85V ~ 132V 又は AC 170V ~ 264V / 90VA
使用温度 0℃ ~ 40℃
寸法/重量 345(W) × 177(H) × 290(D)mm / 9kg


■ワイヤーハーネスチェッカー WFA-200シリーズ

  • 断線・誤配線・瞬断・短絡の検査
  • 接続データを本体、又はパソコンで作成編集
  • OK/NG数のカウント(NG数はマニュアルスタート時のみ)
  • コンパクトな形状で、設置に場所を取らない
主な特徴  
より確実な検査をするために
  1. 検査開始モードの設定

    オートスタート(自動スタート)
    検査品を接続すると、自動的に検査を開始します。良品の場合は合格音が鳴り、OK数のカウントをします。外部に接点信号を出力します。

    マニュアルスタート(手動スタート)
    検査品を接続してからスタートボタンを押すと、検査を開始します。外部信号によるスタートもできます。良品の場合は合格音が鳴り、OK数のカウントをします。不良品の場合はアラーム音が鳴り、NG数のカウントをします。OK/NGともに外部に接点信号を出力します。

  2. 瞬断検査

    電線の切れかかり、端子の抜けかかりなどの不確実な接続を取り除くことを目的とします。検査品に振動・曲げ・引っ張りなどの外力を加えると、不確実な接続箇所が瞬断(瞬間的に断線)することがあります。この瞬断があるとアラームを鳴らし、その箇所を表示します。

パソコンに接続すればこんなことができます

効率よく確実な接続データが作成できます。

パソコンでの編集機能: (1)接続表・端子名・ファイル名・検査名の編集と印刷
  (2)検査定義(ステップ検査の設定)
  (3)その他
  • 接続データのコピー・移動・削除
  • 連続する端子名表の自動作成
  • 接続表・端子名表のチェック
  • 独立端子の自動入力
  • 1:1接続表の自動作成
  • パソコンを接続するためには別売のプログラム〔WED-200〕が必要です。
  • 動作環境:Windows 2000 / XP 上で動作します。
機種名とポイント容量
機種名 ポイント容量 機種名 ポイント容量
WFA-200-1 64P WFA-200-4 256P
WFA-200-2 128P WFA-200-5 320P
WFA-200-3 192P WFA-200-6 384P
ご購入後でもポイント容量の追加ができます(最大384P)             
【仕様】
検査ポイント数 64P ~ 384P(64P単位)
検査感度 断線 200Ω / 2.2KΩ以上 短絡 60KΩ以下 瞬断 100μsec(128P時)
検査開始モード オート / マニュアルスタート
外部出力 OK/NG信号出力…無電圧接点信号(0.5/1/5/10sec)/オープンコレクタ
ダイオード回路 双方向通電検査
OK音 4音色から選択
OK/NG数 OK/NG数共 9999まで表示(NG数の表示はマニュアルスタート時のみ)
ステップ検査 10ステップまで設定可
線間静電容量 0.2μF以下
表示 2行 16桁液晶表示
接続データの保存数 20データ
PCインターフェース USB
検査品接続コネクタ 64ピン フラットケーブル用圧接コネクタ
AC入力電圧 AC 85V ~ 264V
寸法 290(W) × 130(H) × 250(D)mm(突起物は除く)
質量 6kg

▲TOPへ